blog index

のむら内科・神経内科クリニック

当クリニックの最新情報から、日々の素朴な出来事までご紹介します
看護師さんが増えました
 御報告が遅くなりましたが、去る8月1日から看護師さんが1名増えました。中島さんという女性でベテランさんです。御陰さまで当院に来て頂く患者さんも増え、時間帯によっては少しお待ち頂かないといけないようになり御迷惑をお掛けしておりましたが、今後はよりスピーディーな対応が可能になると思っています。当院は場所柄、新幹線の待ち時間にいらっしゃる出張など移動中の患者様がおられたり、神経内科初診の患者さんの診察には時間がかかったりしますので患者さんを診察室にお招き入れする順番が若干前後することもありますが、何卒御容赦ください。
| nomura-naika | - | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BGM
BGM久しぶりにブログを更新します。私事ではありますが音楽が好きで日頃からCDを買い漁っています。従って院内BGMは有線などではなく小生のCDを音源にしています。
 好みは60−70年代の洋楽、しかもアメリカ産のポップスです。全般にビートが効いた音楽なので実はあまり病院のBGMには向いていません。片頭痛の患者さんが頭痛の真っ最中にドラムやベースなどビートの効いた音楽などを聴かれるとちょっと耳障りに感じられるでしょう?
それなりにクリニックにふさわしいBGMを選曲しているつもりではあります。
最近仕入れていつも流しているお気に入りのCDを御紹介します。
 それはJackie Gleason and his Orchestraです。この人は元々俳優さんですが、自分のオーケストラを持っていたのです。何とも古き良きアメリカを感じさせるムーディーな音楽で心が和みます。
 父親が元々で彼の大ファンで、以前は探して来いと頼まれて、アメリカ留学中や東京出張の時などに散々苦労して探し回っていたものです。しかしこの手の音楽はアメリカ人にとって所詮BGMという扱いなのか、なかなか良いものが残ってなかったことを記憶しています。しかし今はネットショッピングで簡単にCDが手に入ります。本当に良い時代です。
 このCDはBobby Hackett というトランぺッターが在籍した頃の音源を全て収めたものです。小生が尊敬する山下達郎氏が番組中にリスナーの「最も胎教に良い音楽は何ですか?」という質問に、奥様の竹内まりやさんが妊娠している時には家ではJackie Gleason ばかり流していたとおっしゃっていましたし、今年だったかJackie Gleason さんはご逝去されたこともあってか、番組でも時々オンエアされておりました。
 聞き流そうと思えば本当に何という事も無いBGMですが結構リラックス出来て良いですよ。是非待ち時間に耳を傾けてみて下さい。
 
| nomura-naika | 趣味 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
期間限定の風景
 「現在博多駅は工事中なのにおたくのクリニックは一体どうなっているのだ?」というご指摘をいただく事があります。実は建物自体を建て直しているのはJR 九州の駅舎のみでJR 西日本所有の新幹線の駅はそのままなのです。ですから筑紫通りから眺めても博多駅はいつも通りです。
 一方博多口からみると駅の建物は全く無くなり今のところ平地になっています。
博多駅

そして少し引いて見てみると当院が入居している新幹線博多ビルが遠くに見えます。
新しい駅舎が建つと博多口方向からはまた見えなくなるので期間限定の風景です。
博多駅b
| nomura-naika | その他いろいろ | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
胡蝶蘭(その弐)
 ついに胡蝶蘭の花が咲きました。皆大喜びです。あーでもない、こーでもないといろいろ注文をつけられながら撮影しました。奇麗に撮れていますか?
胡蝶蘭2
| nomura-naika | 院内の事 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
胡蝶蘭につぼみが!
 開業して9ヶ月が経ちましたので、開業時に頂いた胡蝶蘭はもうとっくに枯れてしまいました。
その後もうちのいきものがかりの田中さんが時々お水など与えて可愛がって頂いていたのが効を奏したのか、なんとつい最近つぼみをつけました。胡蝶蘭は世話が大変難しいと皆さんから伺っていたのでびっくりしました。
このままうまく育って花咲いてくれたらと期待しています。
胡蝶蘭1
| nomura-naika | 院内の事 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
広告
 ブログの更新随分ご無沙汰しておりました。更新する時間もない程患者さんが増えたという訳でもありませんが御陰さまでだんだんと忙しくなってきました。
今回は開業してから今までのメディアへ紹介につきまして報告させて頂きます。自慢するわけでは決してありませんが当院のことを皆さんに知って頂く良い機会だと考えています。機会があればご覧頂けると嬉しいです。
一つ目は日本イーライリリーという製薬メーカーがパーキンソン病患者さんと診療に携わる人たちのために作って頂いているホームページであるparkinsons.co.jp への掲載でス。アドレスはwww.parkinsons.co.jp です。そこの「地域医療最前線」というコーナーの第22回に紹介して頂きました。
二つ目は日本医療企画という会社から出版されている「ばんぶう」という開業医向けの雑誌の12月号の「開業虎の巻」というコーナーです。これは本屋さんに置いてあるかどうか分かりませんがすでに遠くにお住まいの先生から反響があり驚いています。
三つ目はこれも医師向けですが「ジャミックジャーナル」というリクルートが出している雑誌の取材を受けました。当院で導入した電子カルテ関連の取材です。出版は来年だと思います。この3件はいずれも宣伝ではなくあくまで取材頂いたものです。
最後に今回当院が初めて出す広告についてお知らせします。2008年1月から福岡市地下鉄の1、2号線(空港線・箱崎線)の全車両に当クリニックモールの案内が出ます。
もし地下鉄に乗ることがあればドア脇2番目だそうですから見て下さいね。
今回は宣伝ばかりで申し訳ありませんでした。
| nomura-naika | その他いろいろ | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
睡眠時無呼吸
 睡眠時無呼吸という病気は最近ニュースなどで耳にする機会が多くなりました。要するに睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。当院でもアプノモニターという検査器械を導入しました。
腕につける小さな器械を持ち帰り、口鼻の気流センサー、指の酸素飽和度センサー、首にいびきのセンサーをつけてうちで一晩寝て頂くだけです。
日中眠気の強い方、もしかしたら寝ているつもりが無呼吸があるのかも知れませんよ。
いびきの大きい方、息が止まっていると言われる方、肥満で首の短い方、一度検査をお勧めします。費用は保険3割負担の方で3000円くらいです。当院にご相談ください。
| nomura-naika | 病気の事 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CTの検査料金
  最近当院で頭部CTを撮られた患者さんからの窓口での会計時の感想です。「CTを撮るのには5万円くらい持って行った方が良いよ」と知り合いから助言されたがとのこと。
でも実際にはそんなにはかかりません。当院でCT検査を受けて頂く場合、保険診療で検査を行う場合で新患さんの場合の窓口でお支払いして頂くお金は、3割負担の方で5000円程度 従って1割負担の方で1700円程度です。
 但し内蔵脂肪測定や健康診断目的の検査だと保険は使えませんのでご注意ください。
 当院では内蔵脂肪測定は保険外で3150円で行っております。お腹のCT を撮りますが実際の検査時間は2−3分ではないでしょうか? お腹の断面と脂肪をご覧いただける写真をお渡しします。メタボリックシンドロームを御心配の患者さん、また生活習慣の改善を試みようとされている方、治療の前後でCTによる内蔵脂肪測定を行い、目に見える形で治療効果を実感して頂くのは日頃の努力の励みになって良いのではないでしょうか?
| nomura-naika | 病気の事 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
禁煙外来
  突然ですが禁煙外来に興味をお持ちですか?当クリニックにも2−3人の方が窓口に来られました。禁煙にはニコチンパッチという貼り薬(文字通りニコチンが成分に含まれる湿布みたいなものです)を貼り、その貼り薬の面積を徐々に小さくすることでタバコの禁断症状を経験せずに禁煙が実現できるというものです。以前は自費診療でしたが最近保険を使っての治療が可能になりました。しかしどこの医療機関でもできる訳ではなく、呼気中の一酸化炭素濃度を測定する器械を準備し、届出してある機関に限定されます。皆さんのご要望が多いようなら当院でも行えるように環境を整備しますので御意見を頂戴したいと思いブログの場をお借りしました。お返事お待ちしてします。
| nomura-naika | 病気の事 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
専門用語はむずかしい
 先日頭のCTの結果を患者さんに説明したときのこと。まず患者さんの症状を伺いながら、手が冷たいとおっしゃったので、「冷感(れいかん)があるのですか?」と聞き返したしたところ、「え?霊感ですか?」とびっくりされました。更にCTの説明で眼球内に「ここにレンズが見えますね」と説明すると、「え?コンタクトレンズも写るんですか?」とこれまたびっくりされました。医学用語で冷たい感じを「冷感」、またここでの「レンズ」とは眼球の角膜の奥にある構造物のことで眼鏡やコンタクトなど人工レンズのつもりではありませんでした。
とは言っても一般の方には分かりにくいですよね。
病状を分かりやすく説明するのがモットーの当院としては反省すべき点だと思いました。
そこで患者様へ:説明にはできるだけ専門用語は使いませんが、もし分かりにくい用語があったら遠慮なく聞き返して頂いて構いませんのでご協力お願いします。
| nomura-naika | 病気の事 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ